ホテル

台北のリージェントホテルに泊まってみた。日本人にもおすすめの老舗5つ星ホテル!

こんにちは。
旅行&ホテル&グルメ大好き、夏目です。

先日夫と台湾の台北に旅行に行ってきました。

今回は私が昔から泊まってみたかったホテル、リージェントタイペイに宿泊することができたので、ホテルの宿泊記をお送りしたいと思います(^^)

スポンサードリンク


台北のリージェントホテルに泊まってみた。【台湾旅行記】

リージェント台北は以前スパを利用しに一度だけ行ったことがあり、スパがもの凄く良かったためいつかは宿泊もしてみたいと思っていたホテルでした。

今回夫が台湾に行きたいというので、「ついて行ってあげる代わりにリージェントに泊まりたい!」と言ってみたらあっさりOK。

長年の願いが叶った旅となりました。

 

という訳で、今回は台北のリージェントホテルの宿泊記をお送りしたいと思います。

我々が泊まった台北のリージェントホテルは、正しくは「Regent Taipei(リージェントタイペイ)」いう名前です。

中国語では「台北晶華酒店(タイペイ チンホゥア ジョウティエン)」と言います。

リージェントタイペイのホテルデータとアクセス

リージェントホテルのデータは以下の通りです。

名称:Regent Taipei(台北晶華酒店)
住所:台北市中山北路二段39巷3号
電話:886 2 2523 8000

台北の中心地から遠くない場所ですが、静かで落ち着いたエリアにあります。

地下鉄の駅は「中山」駅が最寄です。

駅から5分くらい歩くとホテルに着きます。

外観はこんな感じ。
台北リージェントホテル1
老舗の高級ホテル、という感じがしますねー。

台北リージェントホテルの売りは優雅さと決め細やかなサービス、そして免税店(DFSギャラリア)。

私の印象ですが、アジアの老舗高級ホテルはだいたい免税のショッピングモールを併設しているところが多く、リージェントもその一つ。

そのあたりも日本人に人気の理由の一つかもしれませんが、それで日本人が集まるため、リージェントホテルの周辺も高級ブランドのお店が多いです。

比較的新しいホテルだとショッピングモールがないところも増えてきて、時代の流れを感じますね。

 

台北リージェントホテル2
ホテルのエントランスのドアには「福」の飾りがついていました。

春節(台湾のお正月)の前に宿泊したからですね。

細部まで美しい切り絵のようです。

スポンサードリンク


台北リージェントホテル3
台北リージェントホテル4
一歩ホテルに入ると右側にシャネル、左側にルイヴィトンのお店があります。

さらに奥にはミキモトやハリーウィンストンなどもありました。

私は地下のショッピングモール(DFSギャラリア)には行っていませんが、調べてみたところ、

  • エルメス
  • ダミアーニ
  • ルイヴィトン
  • ディオール
  • ティファニー
  • ブルガリ
  • ボッテガヴェネタ
  • ショパール

などの超一流ブランドが入っているようです。

スポンサードリンク


1Fフロントでスムーズにチェックイン

台北リージェントホテル5
エントランスから中に入るとすぐに、広々とした縦長なロビーがあり、そこの両端のカウンターでチェックインをしました。

私は英語と中国語が少しできるので外国人スタッフの方(台湾人ですらない!)にチェックインしてもらいましたが、リージェントタイペイには日本語ができるスタッフも多いようなので日本人でも安心です。

ロビーにはツアー客と思われる日本人が団体で座っていました。

台北リージェントホテル6
リージェントタイペイのルームキーはカードではなく昔ながらの鍵!!

これにはかなり驚きましたね…。

こういう部分に老舗っぽさを感じますが、キーホルダーもついてないので正直持ち運ぶ時になくさないかヒヤヒヤしました^^;

最初は1つだけしかもらえなかったので、頼んでスペアキーをもう1つもらいました。

さあ、チェックインも完了していざ部屋へ!

スポンサードリンク


リージェントの部屋に到着。老舗ホテルらしい落ち着いたインテリア。

チェックインも済んだことだし、早速部屋に向かいます!

先ほどのホテル外観やロビーの画像は昼間になっていましたが、実は到着したのは夜だったので部屋の画像は夜バージョンでお届けします。

リージェントホテル台北11
部屋に入ってみると、そこには落ち着いた空間が。

こういう大人っぽい感じ、かなり私好みです(^^)

ちなみに、私達が泊まったのはおそらく普通のグレードのお部屋。

チェックインの際に差額を出してエグゼクティブフロアやバルコニー付きの部屋にすることもすすめられましたが、丁重にお断りしました(笑)。

このお部屋で充分快適ですから(^^)

リージェントホテル台北12
画像がブレててすみません。

ベッドの反対側には幅広めのデスクと、壁掛けになっているテレビがあります。

スポンサードリンク


リージェントホテル台北13
これまた反射していて見づらくてすみません。

部屋からの景色です。

ホテルの隣に公園があるので、けっこう眺めは良かったです。

リージェントホテル台北14
窓の手前にソファがあり、テーブルには果物が置いてありました。

リージェントホテル台北15
キングサイズベッドの両脇には無料のお水が1本ずつ置かれていました。

(他の場所にもさらにお水がありました)

ベッドサイドにお水があるのは、些細なことに感じますが実はけっこう便利です。

リージェントホテル台北16
部屋の手前には大きめのクローゼットがありました。

けっこう大きいのですが、圧迫感がないのは中が見えるデザインのおかげでしょうか。

(画像だと分かりづらいですが、扉がすだれ?っぽい感じになってます)

リージェントホテル台北17
開けてみるとこんな感じ。

扉のデザインが中が見えるようになっていますが、閉めてしまえばライトが消えるので、視覚的にうるさくはありません。

こういう工夫で見た目と機能が両立しているのはいいですね。

リージェントホテル台北18
クローゼットの引き出しにはスリッパやランドリーバッグ、靴磨きクロスなどが入っていました。

スポンサードリンク


バスルームは優雅で小物も高級感たっぷり。

続いてはバスルームエリアを見てみます。

リージェントホテル台北21
バスルームはこんな感じ。

老舗ホテルっぽいラグジュアリーさがありますね。

トイレはドアがないので、お風呂と一緒になっています。

リージェントホテル台北22
バスタブは比較的ゆったりとしています。

シャワーブースが別にあるので、シャワーカーテンはありません。

シャワーブースからバスタブに移動する時に床が冷たいのがちょっと困りました^^;

スポンサードリンク


リージェントホテル台北23
シャワーブースとバスローブ。

バスローブがあると高級ホテルに泊まっている感じがしますね。

シャワーのお湯の出や水圧もバッチリでした。

リージェントホテル台北24
洗面台の横にも水が置いてあります。

お風呂に入る時に飲む用かと。

無料ドリンクも充実

リージェントホテル台北25
部屋の別の場所にお茶類やポットが用意されていました。

上にあるお水は有料で別料金がかかります。

リージェントホテル台北26
無料のコーヒーやお茶もなかなか良いものが揃っていました。

ドリップ式のコーヒーがあるので、コーヒー好きには嬉しいですね。

リージェントホテル台北27
備え付けてあったマグカップでお白湯を飲んでみました。

このカップ、リージェントのロゴ入りなのですが、さりげなく台湾らしいデザインで高級感もあり、さすがリージェントだなと思いましたね。

個人的にはかなり好きなデザインでした(^ω^ )

スポンサードリンク


【おすすめ】リージェント台北は日本人も快適に過ごせる老舗ホテル

ホテル全体に老舗らしい重厚感がありつつも、ゆったりしているので快適に過ごせます。

日本人観光客が多い中山エリアにあるということもあり、ホテル内もホテル周辺も日本人にとって便利に過ごせるようになっています。

台北の中でも日本人におすすめできるホテルの一つです(^^)

台北のホテル探しに迷ったら、ぜひリージェントも検討してみてください♪

≫【最安値】リージェントホテル台北のお得情報はこちら

知らないと損!旅行&ホテルをほぼ無料で楽しむ方法!
おトク情報を今すぐチェック!
知らないと損!旅行&ホテルをほぼ無料で楽しむ方法!
おトク情報を今すぐチェック!