【おすすめ台北グルメ】四川呉炒手で食べやすい四川料理を堪能!上品ながらも四川の雰囲気たっぷり!

おすすめ台北グルメ四川呉炒手7

こんにちは。
旅行&ホテル&グルメ大好き、リリです。

つい先日、夫と共に台湾の台北に行き、食い倒れグルメツアーを楽しんできました^^
どのお店も美味しく、おすすめの場所ばかりなので、一軒ずつご紹介していこうと思います。

今回は、私が昔から大好きな一軒、「四川呉炒手」をご紹介します。

スポンサードリンク


四川呉炒手では上品な四川料理が食べられる!四川ワンタンが食べたければこちら!【 おすすめ台北グルメ】

昔知人に連れられて来て以来、すっかりファンになってしまったのが「四川呉炒手(スーチェンウーツァオソウ)」。

台北そごうがある忠孝東路四段からすぐ近くの繁華街付近にあるので、ショッピングやぶらぶらした後にもアクセスしやすいのも便利です。
(最寄駅から3分ほどですが、そごうからは10分ほど歩きます)

 

こちらは四川料理レストランですが、油っぽさやくどさ、強すぎる味の料理はなく、全体的に上品な味が特徴。

四川料理と言えば激辛料理を想像してしまいがちですが、こちらの料理は辛すぎないし、辛さを調節できる料理も多いのでありがたいです^^

ここ数年は台北に行くたびにこちらを訪れています。

そして今回も、予約を入れて行って参りました!
(ディナーは予約するか、早めの時間に行くと待たずに済みます)

 

おすすめ台北グルメ四川呉炒手1
けっこう前からやっているお店のはずですが、古臭い感じはありません。
昔は高級レストランの部類に入っていたようです。
屋台などで激安な食事がとれることを考えると、今でも高級レストランと言えるかも。

スポンサードリンク


おすすめ台北グルメ四川呉炒手2
店内はそんなに広くありませんが、ゆったりした感じ。
円卓とソファー席があります。
場合によっては円卓で相席になることも。

お茶はサービスでもらえるので、お茶を飲みつつオーダーします。

メニューの一部はこんな感じ。

おすすめ台北グルメ四川呉炒手3
おすすめ台北グルメ四川呉炒手4

スポンサードリンク


おすすめ台北グルメ四川呉炒手5
おすすめ台北グルメ四川呉炒手6

英語と日本語でも書かれていて、辛さが唐辛子マークでつけられているので分かりやすいです。

「辣(ラー/辛い)」と「不辣(ブゥラー/辛くない)」の両方が書かれている料理は辛さを調節できます。

全く辛くないものがいい人は「不辣(ブゥラー/辛くない)」、少し辛いぐらいがいい人は「少辣(シャオラー/少しだけ辛い)」と伝えましょう。

スポンサードリンク


オーダーした料理が運ばれてきました^^

おすすめ台北グルメ四川呉炒手7
菜っ葉を炒めたものと、若いグリーンピースと海老を炒めたもの。
若いグリーンピースは日本ではあまり食べる機会がありませんが、とっても美味しいのです!

海老だけではなく、細切りのお肉と炒めたものもあるのでお好みでどうぞ。
こちらは全く辛くないのでお子様にもおすすめです^^

 

おすすめ台北グルメ四川呉炒手8
私達の大好きなメニュー「蒜泥白肉 (スワンニーバイロウ)」をここでも頼んでみました!

こちらのは前食べたものと違って肉がとっても柔らかく、四川料理風に山椒もまぶされていてとっても美味しかったです!
一人一皿いけるぐらいの美味しさ。

スポンサードリンク


おすすめ台北グルメ四川呉炒手9
友人が頼んだ「成都査渣麺」。
四川の名物料理の一つですが、辛くないそうです。

味付けした豚肉のそぼろと野菜、薬味、きな粉がかかっていて、これらを麺と混ぜて食べます。
きな粉をかけるというのが日本ではなかなか考えられないですよね。

 

おすすめ台北グルメ四川呉炒手10
私の大好きな「紅油炒手(ホンヨウザオソウ)」。
簡単に言ってしまえば、汁なしの一口ワンタンです。
これが美味しいんですよ!

四川のワンタンはスープに入っているのではなく、汁なしタイプが多いそうです。
何種類ものスパイスが入ったピリ辛のソースに混ぜて食べると最高です。
素直に美味しいワンタンと、複雑な味のソースのハーモニーが絶品!

スポンサードリンク


おすすめ台北グルメ四川呉炒手11
夫が愛してやまない「冰鎮酸辣麺(スワンラーミェン)」。
日本にもよくある酸辣湯(サンラータン)とは全く違います。

こちらのものは冷たく、汁なしの混ぜそばになっていて、
レモンなども入っているため、かなり酸味が強いです(辛味もある)。
夫のように酸っぱいものが好きな人にはおすすめです。

 

おすすめ台北グルメ四川呉炒手12
食べたりないと追加注文したのが「獅子頭(スーヅートウ)」(カニみたいな名前がついていたかも)。
こちらはポピュラーな料理で、大きな肉団子ですね。

こちらのものは確か中にカニなど肉以外のものも入っていて、肉々しさはそれほどなく、上品さ際立っていました。

こんなに上品な獅子頭を食べたのは初めてです。

スポンサードリンク


おすすめ台北グルメ四川呉炒手13
食後にサービスで出してくれた杏仁豆腐。
お店で作っているものらしく、かなりさっぱりしています。

辛いものを食べた後にはぴったりです^^

山椒などの辛いものが好きな方、ちょっと奮発して美味しいものを食べたいという方には非常におすすめのレストランです。

次に台北に行った時も是非また訪れたいです!

 

【お店情報】

店名:四川呉炒手
住所:台北市忠孝東路四段250号-3
最寄駅・アクセス:地下鉄「忠孝敦化」駅出口3より徒歩2分
定休日:旧正月のみ
営業時間:11:30~14:30 / 17:30~22:00(LO21:30)
クレジットカード:可(VISA、Master、JCB)
※情報は時期によって変わる可能性があります。

台湾旅をお得に楽しみたい方はこちらをどうぞ!

スポンサードリンク


関連記事

kkday10

台湾でkkdayのポケットwifiレンタルを使ってみた!激安&無制限で快適ネット...

21

アッシジ旅行記【その3】カトリックの聖地の静けさに心洗われる【イタリア】

15

ボローニャ旅行記【その2】ヨーロッパ最古の大学の町【イタリア】

%e3%82%b4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%a9

ヴェネツィア旅行記【その2】水の都で日常を忘れる【イタリア】

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b3%ef%bc%94

グランドキャニオン旅行記。ベタな大自然を心ゆくまで堪能する【アメリカ・アリゾナ】

img_0594

台北旅行記【その12】シャングリラホテルのバー「マルコポーロラウンジ」で夜景を楽...