【おすすめ台北グルメ】濟南鮮湯包でディナー!絶品小籠包と台湾料理に舌つづみ。

台北おすすめ小籠包10

こんにちは。
旅行&ホテル&グルメ大好き、リリです。

つい先日、夫と共に台湾の台北に行き、食い倒れグルメツアーを楽しんできました^^
どのお店も美味しく、おすすめの場所ばかりなので、一軒ずつご紹介していこうと思います。

今回は、小籠包で有名な、濟南鮮湯包(ジーナンシェンタンパオ)をご紹介します^^

スポンサードリンク


濟南鮮湯包で小籠包ディナー!絶品台湾料理に舌つづみ。【 おすすめ台北グルメ】

台湾の代表的グルメと言えば、小籠包(ショウロンポウ)。
多くの日本人観光客が台北で食べたがる人気メニューですよね。

今回は台湾人の友人が某有名店に連れて行ってくれる予定でしたが、そのお店は行ったことがあったので、あえて別の小籠包のお店をリクエストしました。

私が色々と調べてみて良さそうだと思ったのが「濟南鮮湯包(ジーナンシェンタンパオ)」。

今回はこちらで違う小籠包を食べてみようと行ってきました!

 

台北おすすめ小籠包1
ディナータイムに到着。

台北おすすめ小籠包2
お店の中は沢山のお客さんで賑わっています。

スポンサードリンク


台北おすすめ小籠包3
入ってすぐのところに厨房があり、点心が次々と作られていました。

予約時間より少し早く着いたため、外で待ちながら注文するものを考えます。

メニューに書き込んでオーダーする台湾スタイル。
メニューは日本語もあるので安心です^^

 

一部ずつメニューをもらってきたので日本語メニューと一緒に載せておきますね。

台北おすすめ小籠包4
台北おすすめ小籠包5

スポンサードリンク


台北おすすめ小籠包6
台北おすすめ小籠包7

台北おすすめ小籠包8
台北おすすめ小籠包9

スポンサードリンク


オーダーした料理がやってきました!

まずは何はなくとも小籠包!

台北おすすめ小籠包10
こちらのお店のオーソドックスな小籠包は店名そのまんまの「濟南鮮湯包(ジーナンシェンタンパオ)」。
日本語メニューでは「濟南鮮小籠包」となっていました。

「湯包」は厳密に言えば小籠包とは違いますが、ほぼ同じものと考えて良いようです。
(湯包の方が一回り大きく、肉汁の味に重点を置いているとか)

 

こちらの濟南鮮湯包(ジーナンシェンタンパオ)は某有名店にもひけをとらない美味しさだと私は感じました。

皮はちゃんと薄いし、肉汁はたっぷり入っているし、何よりも肉汁の味がしっかりしてる!

私はここの湯包、かなり気に入りました。
食べごたえがあります^^

スポンサードリンク


台北おすすめ小籠包11
私が食べたかった「脆皮煎鍋貼(羽根つき焼き餃子)」。

こちらも羽がパリパリで美味しかった!

焼き餃子は油っこくなるものも多いですが、こちらのはそんなこともなく、
中のあんもあっさりしていてバクバク食べられます。

 

台北おすすめ小籠包12
こちらは旬野菜の炒め物。
その日に入っている野菜を教えてもらって選びます。

これは確か台湾の高雄特産の「水蓮菜(スウェイレンツァイ)」だったかな。
蓮という漢字が入っていますが、蓮とは関係ない野菜だそうです。

初めて食べましたが、シャキシャキしていてとっても美味しい!
シンプルなニンニク塩味がいい感じです。

スポンサードリンク


台北おすすめ小籠包13
こちらは「牛肉大餅巻」。
日本語メニューでは「牛肉の甜麺醤ロール」です。

これも私が大好きなメニュー!

パリッと焼いたクレープのような薄い生地の中に牛肉や野菜などが入っていて、
甜麺醤などの甘辛ソースで味付けがされています。

こちらのものは外側がパリッと、中身はあっさりでとっても美味しかったです^^
一人で3皿ぐらい食べられそうです。

 

台北おすすめ小籠包14
こちらは「花雕鶏」(確かそうだったかと^^;)。
日本語メニューでは「酒蒸しにした鶏モモ肉料理」。

その名前の通りで、酒蒸しにしてシンプルに味付けされた鶏肉の冷製料理。
台湾の鶏肉は味が濃いのでシンプルな味付けだけでとっても美味しいのです!
こちらも美味しく頂きました。

スポンサードリンク


台北おすすめ小籠包15
食べたりないと追加注文したのが「田園花素餃」。
日本語メニューでは「野菜の餃子」です。

名前から想像がつく通り、野菜だけしか入っていないベジタリアン餃子。
かなりしっかりと菜っ葉の味がしました。

ここまで食べてかなりお腹いっぱいだったけど、野菜だけなら罪悪感も少なめ(笑)。

 

台北おすすめ小籠包16
最後にデザートとして頼んだのが、「白菓芋泥盅」。
日本語メニューでは「銀杏入りタロイモ」でした。

台湾ではスイーツとしてタロイモが人気で、こちらはタロイモを甘いペースト状にし、上にココナッツミルクをかけて銀杏をトッピングしたほんのり温かいデザート。

正直、私はタロイモスイーツにあまり興味はないのですが、こちらのデザートはココナッツミルクとのハーモニーが絶妙!

優しい甘さと温かさに、こちらも一人で2杯ぐらい食べられそうな勢いでした。
(夫と半分こしたけど)

スポンサードリンク


小籠包はもちろん、その他の点心や小皿料理、デザートまでどれも外れなし!

食べやすく上品なのに、しっかり素材の味がわかる丁寧なつくりにすっかりファンになってしまいました^^

「新しい小籠包のお店を開拓してみたい」「新しい料理にチャレンジしてみたい」という方にはおすすめのお店ですよ!

 

【お店情報】

店名:濟南鮮湯包
住所:台北市濟南路三段20号(復興南路にも支店あり)
最寄駅・アクセス:地下鉄「忠孝新生」駅6番出口より徒歩5分
定休日:旧正月のみ
営業時間:11:00~14:30 / 17:00~21:00
※情報は時期によって変わる可能性があります。

台湾旅をお得に楽しみたい方はこちらをどうぞ!

スポンサードリンク


関連記事

img_0716

台北旅行記【その2】シャングリラホテルは口コミ通りの素晴らしさ【台湾】

castelvecchio

ヴェローナ旅行記【その3】夜のヴェッキオ城を散策【イタリア】

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b3%ef%bc%94

グランドキャニオン旅行記。ベタな大自然を心ゆくまで堪能する【アメリカ・アリゾナ】

81

ローマ旅行記【その2】カラカラ浴場・パラティーノの丘・フォロロマーノ【イタリア】

new_img_0569

台北旅行記【その19】南門市場でお土産のドライフルーツ&中華食材を買う【台湾】

23

ボローニャ旅行記【その3】ヨーロッパ最古の大学&アルキジンナジオ宮殿【イタリア】